「MONTHLY外食日報」2020年12月号
original
5ff9c61ab00aa312a72d43bc

「MONTHLY外食日報」2020年12月号

¥4,980 税込

※こちらはダウンロード商品です

2020.12.pdf

94.7MB

【MONTHLY 外食日報】は、祝日やGWなどを除くウイークデーに毎日発刊している【外食日報】の、1カ月分のニュースをまとめたものです。大手外食企業やメーカーなどから多くの支持を頂いている【外食日報】の情報を、取り置き用の資料としても是非ご活用ください。 ページ数:187ページ ●【MONTHLY 外食日報】2020年12月号の内容は次のとおりです。 2020年12月1日 火曜日 第8824号 王将FSは店外飲食需要の獲得に拍車かける テイクアウトの新メニュー積極開発、専門新業態も視野 ・レインズが新タイプ「居酒屋 甘太郎」試す ・「スシロー」が生産者と組み「二度とできない」フェア ・「ガイドライン」改訂による大きな変更はなし-JF ・日本マクドナルド 川崎市・昭和電工と資源循環でタッグ ・ローソン銀行がG-FACTORYなどと顧客紹介で業務提携 2020年12月2日 水曜日 第8825号 イートイン需要底上げへ地域単位の販促に注力 カッパ・クリエイトがコロナ禍の売上獲得強化へ ・関門海は40周年記念企画で巻き返しを期す ・はま寿司が「はまっこセット」とガチャマシーン導入 ・トリドールHDが「特定技能」用いた外国人社員登用 ・oricon ME調査 満足度高いフードデリバリーサービスは ・青果日和研究所が「デリバリー八百屋」本格始動 2020年12月3日 木曜日 第8826号 安楽亭は顧客満足度向上へメニュー強化を加速 子会社アークミールは構造改革にめど ・外食産業記者会選考「外食アワード2020」が決定 ・ワタミ 「焼肉の和民」東海地区に初出店 ・「丸亀製麺」が今夏のヒット企画を冬も実施 ・ホットP調査 10月も東名阪外食市場はマイナス幅縮小 ・「スシロー」が公式アプリで顧客へのアプローチ強化 2020年12月4日 金曜日 第8827号 くら寿司が新たな客層へのアプローチを強化 都心部攻略へ大ターミナル駅前に一皿110円の店舗も展開 ・銀座クルーズはオンライン会食に活路見いだす ・武蔵小杉の「Kosugi 3rd Avenue」がグランドオープン ・TDBの11月景気DI 「飲食店」は改善幅縮小 ・埼玉県が3市で営業時間短縮を要請 ・クックパッドが「食トレンド大賞2020」など発表 2020年12月7日 月曜日 第8828号 東京一番フーズは寿司業態のM&A効果を追求 養殖・販売事業との連携や「とらふぐ亭」とのシナジーを ・井上のコンタクトレンズ/「可能性」は見いだせる ・今年の福袋商戦は例年以上に熱い ・銀座ルノアールが仕事スペースの提供へ ・TDB調べ 飲食店倒産が11月時点で過去最多に ・日本水産 来春に陸上養殖のマサバ初出荷へ 2020年12月8日 火曜日 第8829号 FRや専門店が「年越しそば」に焦点 巣ごもりによる需要の高まりを狙う動きも ・万葉倶楽部が小田原城臨む地に複合商業施設 ・プロントが「少人数・短時間・予約不要」の新プラン ・モンテローザが「パーソナル宴会」の品ぞろえ拡充 ・GOSSO 「0秒レモンサワー」の「ときわ亭」で埼玉1号店 ・大庄が「出張宴会」のサービス提供 2020年12月9日 水曜日 第8830号 3月期2/4決算①コロナ禍影響、増収増益はわずか3社 店外飲食需要への対応力が明暗分ける ・「俺の」が惣菜・物販とレストランの複合業態 ・外食ニュースフラッシュ ・ぐるなび総研の「今年の一皿」は「テイクアウトグルメ」 ・ファーストK 話題喚起へオンラインクーポン限定品 ・サントリーMCが飲食店特化型ECモール「イエトソト」 2020年12月10日 木曜日 第8831号 レストラン中心に年末年始意識した商品提案が活況 「ごちそう」「贅沢」などテーマの注力メニューで需要獲得へ ・3月期2/4期決算② 大半厳しい結果も後半回復兆し ・日本KFC 紙製パッケージを全て環境認証紙へ ・アークDがスンドゥブ業態で冬も麺ニーズを検証 ・ヨシックスが「や台ずし」積極出店から島根進出 ・マルシェが今冬の「酔虎伝」で旬の寒ぶり強調 2020年12月11日 金曜日 第8832号 くら寿司は業績急回復に向けた地固めに集中 非接触モデルの全店化などコロナ時代のニーズに密着 ・外食各社が「復活メニュー」投入で需要喚起 ・BKJH 「バーガーキング」で代替肉バーガー発売 ・ニラックス 崎田晴義氏が社長に復帰へ ・東急が商業施設「エトモ」を池上線初開業 ・セントマティックが日本酒のソムリエAIを4月に発売 2020年12月14日 月曜日 第8833号 21年3月期決算 増収増益の予想は3社のみ 下期で巻き返し、再起への基盤を ・井上のコンタクトレンズ/チャレンジは「価値」 ・ペッパーフードサービスが「肉マイレージ」の仕組み刷新 ・「#食べてニッポンを元気に」第3弾は魚金グループ ・スシローGHDは「スシロー」以外の業態育成が進展 ・アークDが「東京とろろそば」ロードサイド初出店 2020年12月15日 火曜日 第8834号 俺のが「コロナ禍」突破への新たな出店モデル挑戦 物販や「調理力」活かした惣菜とレストランの複合型を ・ホットランドがハンバーガー業態に参入 ・養老乃瀧が飲み放題付き〈お一人様宴会コース〉 ・サンマルクHDがフードテック活用検討へ新会社設立 ・ロイヤルHD 「ロイヤルデリ」で初の福袋 ・「ゴンチャ」が期間限定でベースティーを拡充 2020年12月16日 水曜日 第8835号 クリスマス商戦は「店外勝負」の様相色濃く ブランドの認知浸透から新規ファン創出の思惑も ・イートアンドHDが中華の「横濱一品香」取得 ・コシダカPが「アクエル前橋」グランドオープン ・ユニカフェ社長にラッキーコーヒーMの芝谷博司社長就任 ・外食ニュースフラッシュ ・期間延長含めて時短営業要請の動きが広がる 2020年12月17日 木曜日 第8836号 コンビニメニュー監修の動き広がる 専門店の味求めて外食企業に熱い視線 ・アントワークスが持ち帰り・宅配専門店拡大へ ・SFPが「磯丸水産」と宅配ブランドのコラボ出店 ・ヴィアHD 「魚や一丁」初の一人鍋提案に好反応 ・アークミールが「しゃぶしゃぶどん亭」新モデル ・ひらまつ 中間期決算開示は再延期 2020年12月18日 金曜日 第8837号 ロードサイド立地に外食各社が熱視線 出店余地や新規客層見込んだ店舗拡大の動き ・JR東日本S フードデリバリー業態を実証実験 ・オーイズミダイニングが食事業態に本格進出へ ・関門海が年始商戦にかけてフェアで攻勢 ・ヤヨイサンフーズが生タイプの水産カツを発売 ・ビートレンドがマザーズに新規上場 2020年12月21日 月曜日 第8838号 店外飲食特化モデルへのチャレンジ相次ぐ デリバリー専門およびテイクアウトとの複合で需要に対応 ・井上のコンタクトレンズ/「総合提案力」をどう高めるか ・カッパC 「かっぱ寿司」の好調な豪華企画で第8弾 ・「幸楽苑」と「養老乃瀧」が初コラボ ・博報堂調べ 12月初旬にかけて外食意欲は再び減退 ・IPOのビートレンド 初値は公開価格比3.6倍 2020年12月22日 火曜日 第8839号 ギフトは今期の業績V字回復から中期成長へ 出店加速と店舗改革を推進 ・安楽亭がコース刷新で「顧客満足」追求 ・アレフは出店余地広げる新業態育成が順調 ・魁力屋がコラボモデルで豚骨ラーメン店に参入 ・カッパC 田邊副社長が社長に就任へ ・レインズが居酒屋「三間堂」に肉丼業態を併設 2020年12月23日 水曜日 第8840号 テンアライドが新収益源確立へ「神田屋」高速展開 来期以降は年間20店舗ペースで増加へ ・FRで冬に人気の「苺デザート」提案が活況 ・テン コーポが郊外型新モデル「天ぷらてんや」 ・RYコーポがさつまいもスイーツ専門店 ・4月に「かなざわ食マネジメント専門職大学」開校 ・インフォマートがブラザー販売とシステム連携 2020年12月24日 木曜日 第8841号 「ウィズコロナ」「アフターコロナ」時代をどう生き抜くのか ゴーゴーカレーグループ編/宮森宏和社長 インタビュー第1回 ・11月既存店売上高 回復感やや落ち着く ・ホットランドが「築地銀だこ」で惣菜拡充の新型 ・外食でアサイー使用メニューの人気高まるか ・「サバ6製麺所」がサバ特化型のラーメンを開発 ・ポスタス調べ 11月飲食店売上はコロナ感染拡大で悪化 2020年12月25日 金曜日 第8842号 外食大手のグローバル展開への意欲は不変 中長期成長の布石打つ動き続く ・連載/ゴーゴーカレーグループ 宮森宏和社長 第2回 ・ゲイトが「食のトレーサビリティー」体験を提供 ・野村不動産が「GEMS」テナントの売上支援策 ・クラフトビール扱う店・ブルワリーの検索サービス始動 ・博報堂調べ 「1月の消費意欲」は前月比で4カ月ぶり悪化 2020年12月28日 月曜日 第8843号 2020年の主な出来事 コロナ禍の外出自粛や環境変化が外食への打撃に ・矢野のクローズアップ/大海原を颯爽と漕ぎ進もう ・「非接触」テーマに安心できる外食環境を提供 ・IT活用の流れが加速 ・出店の照準は郊外ロードサイドや住宅地に ・コロワイドが初のカレー専門店を立ち上げ